このブログの記事をgoogle検索

読込中...
記事検索は上の入力窓をお使いください。
ブラ三のブログのようななんか。
なお、記事内容は予告なく現在の仕様にそぐわなくなることがありますので、常に最新版をお使い下さい。

※最近勘違いしている人が多くて困っていますが、私自身は一切合財まともな育成をしていません。
 レビュー書いていようがやっていることはめちゃくちゃですので、固定観念であれこれ言うのは不躾にも程があるのでお引き取りください。



2014-09-02

8月第5週と9月第1週メンテ後のキャンペーンチラシ

ブラウザ三国志・攻略ブログ

まず8月第5週。


特定カードを取得できる様に設定された割とわかり易い内容だった。
SP姫もSP自動発動もかなり内容が限定されたラインナップだったため、最近の上位カードに目が言っている面々からすれば引かない人も多かったかもしれないが、特定UR・SRを狙い撃ちに出来たため、個人的には引く価値自体は多少あったと思う。

また、ステップアップは、今や4コスW檄文の代名詞となりつつあるR呉蘭のW檄文を仕立てあげるには持ってこいの陣容だった。他にもRは出るけども、まあ自分の他の手駒向けだろう。


そしてこの8月第5週に販売されたもので注意するべきものがある。


まずこのワイルドおまけセット。SPコイン10枚+UR水鏡で、今年に入ってからのセットでは一番単価も安く、コイン1枚あたりの値引率も一番高いので、実際お値打ちである。

次に、R華佗付きのSPコインセットなのだが、実はこのR華佗、連環・魏軍デッキ必須カードとなっている。特に連環。
つまりどうしても1枚は必要であり、このタイミングで修業効率を容赦なく売りに出してきた運営は舐めてんのかと言いたくなる。

…そう、俺が、m1鯖が来期課金で25コスト最大開放になると言っているのが実はコレである。
最近の運営非常にわかりやすいセールをしてきているので、連環使いの人でR華佗を持ってないなら、ちゃんと買っておいて欲しいというのが個人的な意見である。




で、コレを受けて来週…mixiでは明後日のメンテになるんだけども、その9月第1週のキャンペーンチラシがこれである。


このチラシのまず3番目のお得なアイテムは、完全にm1鯖狙い撃ちです。本当にありがとうございました。

まあ、9月にs1・m17も新ゲームになるし他も幾つかそうなるので、コレは買っといていいんじゃないかなと。お金に余裕のある人はね。
ちなみに、だいたいこんな感じ

資源アイテムは1セット限定。値下げ幅は、720CP→500CPだからまあ3割ちょい。
即帰還セットは25%オフです。これは10セット限定。

そしてとうとう常時販売となったワイルドカードセット。UR貂蝉(イケニエ)さんも常時販売である。


 Q.つまり今後またアレなカードが出てくるんですね!
 A.(満面の笑みで)


まあとは言え、次のカードを安易に超えるなら来年じゃないだろうかとは思っているが。


で問題のコレだが。

ここまで極端なことをされると、もう次SP3いつやるんだろうっていう脅威のほうが先に出る。

SP2もいい加減需要あるってのに(SR大号令姜維等)、SP3でこれやるのかーと。

ちなみに書いてあるとおリで、本当にSP3で実装されたカードしか入ってない。
具体的には、

・大神撃UR
・SR大極撃
・SR何か合成表がアレな1コス(鬼神の極意・混元一気・1コス剣攻撃100)
・SR馬良
・R何か合成表がアレな2コス3種(3種速攻直付与・猛虎進撃・闘将の極意)
・R韓遂
・R神降臨3.5コス姫
・いかれ気味のUC(1コス2種)

この辺。

特に、特筆すべきは、SP3初出後から今回に至るまで、重要性が大きく変わったカードが何枚かあることだろうか。


まず、各種大神撃URは、大砲性能を重視されるようになった。1枚を除いて。
とは言え、UR張苞・関興やUR司馬師・昭みたいに、2連撃することに意義のあるカードは別であるが。

特にUR孫策・周瑜は、UR黄忠・厳顔が登場しても弓襲遠攻のアドバンテージがかなり大きく、弓兵の極攻指南を以って、高高速912%の弓砲を放つことができる。当然本人を神飛将のごとく使うこともできる。ナイスである。

除かれた1枚は、我らがUR司馬師・昭なんだけども、この兄弟は3枠目の鬼神の極意付与が解禁されたので、背水陣の極攻の最高はうろ覚えで18.6だった気がするので、それだと鬼神の極意LV10前提で、常時420~1722%の単騎攻撃上昇が見込める。


次、SRは、大極撃4人衆は今後3枠目に大号令を付与可能な疑いが出てきた。
既に潘璋は付与可能だが、他の3人も歴戦スキル次第でそうなるかもしれない。
また付与難易度が高い、剣将の采配・天弓雨撃・暴君の覇道も付与できる。しっかり素材としても吟味しておきたい。

SR鄒氏は鬼神の極意付与素材・SR丁夫人は混元一気の付与素材で割と貴重だが、SR丁夫人は特に魏軍・連環必須カードでもある。回収していない人は回収しておきたい。
SR大虎は素材でもいいが、攻撃100のせいで地味にアタッカー採用も可能である。万夫でも付与してやるといい。

SR馬良はドリラーなら重ねておいていいだろう。領地剥ぎきったあと保護バリヤーだの護国心シリーズで侵食されないように守りながらいらない領地を領地統制で速やかに処分できる。
素材としては、治世→富国論が割りと注目されている。


Rで一番その役割を変容させるのは間違いなくR小虎。猛虎進撃を2コスか1.5コスに大量付与できる時代が到来した。むしろすべきである。俺はすごいしたいぞ。
猛虎進撃は忠誠心の下げ幅が固定なので、低コスの覇道最強格である。大虎に付与するのも一興だろう。
個人的には、虎豹騎を率いた中でR2コス騎兵筆頭格の曹休とUC曹真に付与したい。
あるいは、速攻の観点からR曹洪も有りだと思ってる。
猛虎進撃持ちの2.0コストR曹純(騎兵)とかでませんかね?運営さん!!!!!
なお、剣閣で虎士っつーのもあるらしいので、典韋・許褚がさらなるアタッカーとして出てくるかもしれない。

残りのR敬哀皇后とR郭皇后はあまり用途に代わりはない。まあ敬哀皇后さんは速攻直付与素材としての価値もちゃんとある…ほらアレだ、突攻初期持ち・・・。
あとまあ、R敬愛皇后さんは、市場スキルトリプルも可能。2コスだが。
R郭皇后は王佐なんでまあ・・・アレだが。

R韓遂は省略。

R神降臨組は、趙娥お姉さまはしっかり回収しときたい。個人的にはこの人に兵器突覇を付与したいだけの人生だった…。大砲はSR花鬘の方が安定するしな、排出的にも。
残り3人、鮑三娘・王悦・孫氏は、低ステータスであるし恐らくハズレR筆頭候補になるので、適当にいいスキル付与して強化してもいいし、好き勝手するのがいい。R鮑三娘は鹵獲Wパッシブ付与で割と使える。


最後UCは説明不要の1コスUCが居る。鄧艾と劉封。
UR督戦袁紹から虐帝の号令付与とか、あらぬ妄想をせざる得ないのは周知の事実である。
また、解禁された密偵招集付与や、いつもどおりの神医・傾国も忘れてはいけない。
またふたりとも、1コスアタッカーとしては唯一と言っていい性能なので、そっち方面の育成も可能である。UC劉封は守護トリプル付与もありえるが。

UC董白は兵器突覇候補。また剣兵の大極撃を付与した猛者もいるという。鹵獲パッシブを2枠目に付与すれば、指南付与した剣兵の大極撃の加速が活きるので、工夫してサブ砲として使っていきたい。

最後になるが、UC虞翻は、R張昭が居るので些か使いづらい印象にも思えるが、デュエルの剣兵デッキにも活用できる。
また、UC奇計袁紹とは違い、内政としては汎用性の高い食料技術の初期所持者なので、残り2枠に神算鬼謀などを付与し、烈速雷光を目指すことも可能である。



そしてパンダの話をしたけども、ステップアップはこうなっている。


ステップ3は書いてあるとおり。8月の追加覇軍排出はなし。

ステップ1と2は内容が同じで、すべて指南パンダのみの排出となる。
 ○SRは豊穣・強襲突覇・神速援護
 ○Rは神速・4種聖域・迅速援護・守護神・強襲突撃
となっている。
新規追加は、4種の聖域と2種の援護スキルの合計6種。
UCパンダがあるのであれば、急速援護や4種方陣もそこにあるものと思われる。


つーわけでそんな感じ。

2014-08-31

m1鯖14期のマップなど変更に対する感想

ブラウザ三国志・攻略ブログ

かなりお世話になっている方とほぼ意見が同じなんで以下のリンク御参考に。
http://ameblo.jp/lobocaza/entry-11917271482.html

マップ変わるので、Workshopの中の人は臨戦態勢なので、LV30~50ぐらいの速度攻撃フリもしくは速度振りの武将を安価でm1鯖にてトレに出していただければと思います。安価で。

自分は仕事の締め切りが終わっていれば、適当に概要考察の記事を速報で流せればと思ってます。どうせ同盟用に配らにゃならんし。



ちなみに、俺は最大25コストになると思ってる人です、ハイ。

「お気に入りの武将って…3枚ぐらい挙げるとしたらなんですか?」

ブラウザ三国志・攻略ブログ

これ東京で、何気もなしにVさんから頂いた質問だったのだけど、本当に直ぐに答えられなかった。

理由はその前日に急性アルコール中毒でぶっ倒れてたってのもあるんだけど、それ以上にすぐに3枚択べなかったってのがある。


というわけで、手持ちの中から、個人的に思い入れのある12枚をピックアップしてみた。
締切仕事の最中にやってるので、コメントは少なめだが。




このカードは2期の時に課金して引いたものなので、かれこれ4年ぐらいの付き合い…いやもっとかな、なんせそれぐらいになる。それ以来ずっと主力として☆6を常に漁っている。極撃いい加減に上げないといけないのだが。
育成も型もだいぶ落ちてきていると言われてるが、槍なのでまあ色々と出来る。一騎当千を消して槍戟鬼神付与も狙えるだろう。

初期攻撃力445なので、65000ぐらいで御の字か。
最近排出がかなり低くなってきてるので、機会があればさっさと育成したいところではある。




4期に引いて、未だにろくな育成はできてないが、なんだかんだと復権しつつあるカード。まあ俺が砲撃をしないのが一番の理由なのだけども。
このカードを引いたおかげで、魏軍デッキを目指すこととなり、そのためにTPも金も使った。
軍極を活かすこと自体できてないが、下手すると今後もそのままで行きかねないので、いい加減腹をくくりたいが括りきれてない。
まあ、25コスト開放で復権したから、またスキルアップが難しくなりそうだが。

ステップアップ軍極お願いします!!!(軍極パーツ付きで)



憧れというカードは割とあるもんだが、突覇付与がかなり高額だった当時、このカードの出現は自分にとっては発狂ものであった。
なんせ普通使わないし、孫策のこのイラストは当時割とネタになっているものだった。
そういうカードを手短にできるし、R水鏡はその頃さほど高騰しておらずやろうと思えばスキルアップは容易だった。そりゃやるわな。
ただまあ、育成コストがかかりすぎている上に、突撃孫策で良かったと言われれば否定のしようがないぐらい、突覇付与は簡単になってしまった。

だもんで、執念混じりでLV8にして以降、なかなか挙げる機会がない。
他のスキルは調整したいところだけども、多分強行が速攻になるだけだと思われる。



一騎当千が増えてきた頃、一騎当千所持武将のトレード価格が格段に下がってきた。
このカードはその折に、俺が突覇中毒になるきっかけを作った最たるものと言える。

そもそも普通、このカードを使っている人は絶対的に少ないという認識だったし今もそれは変わってない。似たようなUC朱霊やUC蒋欽と違い、廖化の代用は魯粛等居る。

ただまあこういうカードに意味を与えることで、ライトでののハズレが減り、スキルアップの意味が生まれてくる。コレを俺は基本的にずっと重視していて、「ハズレを引くぐらいなら、そのハズレを育成すればハズレの確率が減るじゃないか」っつー論で割りとやっている。
この廖化は強さはさておきその象徴みたいなもんである。手持ちの突覇で最もSLVが高くなったのもまあそういう縁みたいなものかもしれないが。




つまり、「誰かのハズレが俺の当たり」というのはこういうところにも炸裂する。
SR張郃はずっと育成したかったんだが、R張郃が普通に育ってしまったため、以降は優秀な騎兵防御武将として動いてもらっている。
スキルからすればUCの方が防御向けなのだけども、数値の差が出てきたのでSRにしている。
援軍用途だとR曹仁の存在が強いので、まあ据置用なんだけども。




援軍だとこういうのも作っていた。
元々こいつは兵牽引の片道用なので、SR鮑三娘の次に使うカードになってしまっている。
王佐はまあ待機状態や複数拠点の内政時に添えるように使っていた。
今のパッシブスキルの運用だと、1武将でワンスキル強力なものを使いまわす感じに近いが、この曹昂は雷光未登場状態で軽い全軍援軍ができるようにと作ったもんである。

多分もうこのままだろうかな。単騎援軍やるならSRの方がいいわけだし。

スキル構成はどっかで指摘もらってたが、蒼天航路の影響は大きい。




カードに似合うスキルかつ実益性を、と考えると、こういうものも作りたくなる。
賈詡は機略布陣の方がこの付与2スキルに合うのだが、まあなんだかんだでこうなった。
大号令付与も解禁されつつあるので、再排出時には素材勝ちとしての需要が高まるのではないかと踏んでる。機略布陣付与すごい便利だしの。
神算鬼謀は上げられる機会があるのかどうか疑わしい。上げたいけどね。
こうやって付与だけで満足するような状況が多いので、デュエルで弱いままなんだが。



そういった意味でのコンセプト合成の極みはまあこのカードになる。
呂布→曹操 で天下に名を轟かせた張遼というものをスキルで表現するにはどうすればいいか。
そんな意味不明な合成をやったのがコレという。神飛将コースもあったかもしれないが、あれは武神前提なので却下する。

こういう育成は非常に楽しい。
また、課金が正義になればなるほど、遊び心が少なくなると思うので、そんな環境でこういう合成をすると、実にいい意味でバカバカしくて楽しいもんではある。




この潘璋を譲り受けた時、機略布陣の付与しか考えていなかったのだから、いかに俺が狂っているか容易に想像がつくだろう。
普通、アタッカーのステータスで攻撃スキルを初期所持していて攻撃育成が望ましい状態で内政切るなんて邪魔なのでまず付与しない。絶対にだ。

だが、そのスキルが大極撃クラスなら話が若干変わってくる。特に4枠目に弓兵の大号令をこのカードは狙える。つまりまあ、単体でも攻撃性能をある程度維持しながら車などの内政補助ができるのである。超便利。

スキルアップが悩ましいのと、3枠目に大号令を狙うなら万夫が上げにくいという欠点があるので、こういうスキル構成するときは素直に一騎当千付与の方がマシだな、とは素直に思っている。

機略布陣を付与した理由? 関羽のエピソードのせいとしか。




初期スキルを活かしきるなら、周瑜の場合はこっちだろうと思っていた。覇軍曹操は忠誠度下げることを考えると兵器運用はまずしないので。

赤壁にしろ南郡にしろ、とりあえずこんな感じ。兵器の猛攻にしたかったけどね!
神風の帰還速度増加を活かすという意味でも、兵器パッシブがよく似合う。攻撃力も高いし。



猛将突貫というスキルを見てから、このスキル構成は自分の夢だったので、かなって嬉しいという。
というか、自分の中の沙摩柯像がこんな感じなのである。
兵を率いつつも始末は自分が付けに行く感じというか。甘寧戦のエピがまあそんな感じ。
カードのスキルとイラストを見て、こういった最終形がピンとくるカードは大体良いカード。
そして大体使い勝手が決まってくる。評判もおすすめも非常にしやすい。





ここ最近でも自分らしい付与をしたカードと言って憚らないのがこの呉国太。
密偵招集はコスト依存の無いスキルのため、低コストに付与するべきカードである。
斥候屋自体は、鹵獲+密偵系スキルになってくのだろうけども、騎兵SP2でこれらの付与が解禁され、斥候戦もさらなる上位の戦いに移りつつある。
1コス密偵招集・4コス密偵精鋭・・・そしてそのうち来るであろう迅速斥候付与も覚悟しないといけない。

こういったサイドで仕事をするカードを作って活かすようになれば、ブラ三でのほんとうに強い君主になるんじゃないかなって割と常に思っている。金かかるから、まあなかなかできないけど。